Ruchiebon
愛犬カルーアと暮らす革職人のまったり日誌
http://ruchiebon.blog39.fc2.com/

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
突然発作を起こして倒れたルチエボン。
検査の結果、脳腫瘍にかかっていることがわかりました。

同じ様に愛犬の突然の病に悩み苦しんでいる方々が、
ルチエボンと私たち家族の病との闘いの記録を残す事で、
小さな希望になればと思い、日記を綴る事にしました。

これが寿命だなんて絶対に思わない!
ルチ君は老衰で大往生するんだって、私はずっと思っていたから。
ルチが苦しまず、長く一緒に過ごせる方法を絶対に見つけるからね......。
頑張ろうね! ルチ!


7月24日(日曜日)
 昨日より痛めていたRuchiの腰が、更に悪化してしまった。
 今は何よりもルチ君優先!
 でも、ギックリ腰になって動けなくなってしまっては、
 ルチ君に会いに行けなくなってしまうので、
 今日は面会を午前中だけにして、午後は自分の為に治療院で治療する事にした。
 
 午前面会で会ったルチは、昨日よりも少し元気になっていて、
 顔が普段家でみるルチの顔になっていた。
 
 昨日のMRIの情報を大学病院の放射線の先生に伝えてくれていた担当のS先生から、
 
先生「直接画像を判断していないから確定ではないけれど、
   放射線治療が可能で、受けさせるだけの価値はあると思うと連絡がありました。
   治療をしないで薬で症状を抑えるだけだと、もって1~2ヶ月。
   放射線治療をすれば、6ヶ月~1年に寿命が延ばせるかもしれませんと。」

 放射線をする時には必ず麻酔が必要になります。
 12歳と高齢の域に達しているルチ君にとって、
 麻酔は体に負担のかかるものです。
 でも何もしなければ、ステロイドで確実に内蔵は弱り、徐々に腫瘍も大きくなる。
 動けなくなった時、何で立ち上がれないのかすごく不安になっているルチ君が、
 必死に必死に手足をバタバタさせてたのを思うと、少しでも腫瘍が小さくなって、
 少しでも長く、ルチが自分の力で歩いたり、食べたり、トイレに行ったりできた方が、
 きっとルチは嬉しいはず。
 でも、この判断に本当に踏み切っていいのだろうか......。 
 すごく悩んで、私は先生に1つ質問をしました。 
 
Ruchi「先生、もしも今自分の子(犬)がルチと同じ状況だったら、
    放射線治療によるリスクがあったとしても、治療を受けさせますか?」

先生「もしも僕の犬だったら、絶対に受けさせます。
   今症状を抑える為に結構な量の薬を使っているので、
   放射線治療で少しでも腫瘍が小さくなるのであれば、ステロイドの量を減せます。
   僕なら絶対受けさせます。」

Ruchi「......私はルチともっと一緒にいたいです。放射線治療をお願いします。」

先生「わかりました。
   明日になったら大学病院と連絡が取れるので、
   出来るだけ早く治療を開始しましょう。」

Ruchi「おねがいします。」

 私はルチを抱きしめながら、何度もルチに、
 「頑張ろうね、頑張ろうね、元気になってお家へ帰ろう。」
 と言いました。
 そんな私を見ていた先生が、

先生「今腫瘍を促進させない様なご飯もあるので、使ってみますか?
   脳腫瘍の事例はまだ報告されていないのですが、
   リンパ腫では効果有りの報告がされています。
   腫瘍の好きな成分が押さえられているので、
   僕はやるだけの価値はあると思います。」

Ruchi「すぐに手配して、入院中からあげてもらってもいいですか?」

先生「わかりました。すぐに手配しますね。頑張りましょう!」

Ruchi「.......は...い。(涙)」

 
 先生、ルチ君をよろしくお願いします。
 どうかどうか、一日でもルチと一緒にいれる時間をください。
 そして、ルチがお家へ帰れる様になれますように。
 スタッフの皆さん、メソメソしている私を励ましてくれてありがとうございます。
 ルチをお願いします。
 必ず毎日お見舞いに行きます。
 
 ルチ、カルが心配してるよ。
 ルチの寝ている所で、忠犬ハチ公の様に待っているよ。
 だから帰ってこようね。
 頑張ろうね。

スポンサーサイト
 
 

Comment

 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

NAME: | 2011.07.25(月) 14:19 | | [Edit]

 

ルチくん、お顔が元気になってきたみたいで
良かったですね。
ご飯も食べてくれてるようですし
腫瘍を促進させないご飯も、効果があると良いですね。

放射線・・・悩むと思いますが
きっと、Ruchiさまが一生懸命考えて出した結論は
正しかったのだと思います。
麻酔は心配ですけど、きっと大丈夫。

Ruchiさまが倒れちゃったら大変ですから
しっかりご飯も食べて、腰も大事にしてくださいね。
応援しています・・・

NAME:ゆうこ | 2011.07.25(月) 17:08 | URL | [Edit]

 

→鍵コメさん

コメントありがとうございました。
直接メールでお返事させて頂きました。

NAME:Ruchi | 2011.07.25(月) 20:15 | URL | [Edit]

 

→ゆうこさん

ご心配頂き、ありがとうございました。
一進一退という感じですが、
ルチ君は今すごく頑張ってくれています。

本当はお家で一緒に過ごしたいですが、
今はまだ無理なので、もう少し落ち着いてくれたら、
自宅療養に変更したいな~と思っています。

NAME:Ruchi | 2011.07.25(月) 20:18 | URL | [Edit]


秘密にする

Ruchiebon

Author:Ruchiebon
厳選した上質な革を使い、
手縫いでちくちく物作りをしています。
犬の首輪・リード・小物・鞄.....etc。

こんなのあったらいいなを形にしていきたいです♪

・手作り市は夏の間お休み致します。


当ブルグ内で紹介している作品は、お教室の課題で制作しているもの以外、全てRuchiのオリジナル作品です。

無断での画像の転載・作品の模倣販売はご遠慮下さい。

1つ1つ時間を掛けて作り上げたオリジナル作品なので、ご理解頂けると嬉しいです。

このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる

QRコード

 
*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 Ruchiebon, all rights reserved.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。